コミュニケーション

Posted under by slwtf.com on 金曜日 14 2月 2014 at 2:00 PM

内科病院で透析治療を行うというのは、非常に大変です。週に数回、数時間拘束されるわけですからね。しかし、そういう風に考えると非常に大変ですが、拘束されても、話等は自由にできるし、テレビや音楽鑑賞や、読書など、人によって様々な楽しみ方も出来るようになっています。

会話によって透析治療を行っている人同士での絆ができるし、透析を通して人と出会うというのも非常に良いことだと思います。透析は老若男女様々な人が行っているので、幅広い人と知り合うことが出来ます。

長い時間拘束されるという風に考えると非常に大変に思えますが、逆にそれだけの時間を自分の好きな事に利用する事が出来るという風に考えれば、その分、充実した毎日っていうのを過ごせる様になると思いますからね。

大変な事を辛いと思って、嘆くよりも如何に楽しむかを考えるという方が重要です。やっぱりずっと続けなければならない治療であるからこそ、そうした事っていうのは重要になってきますからね。

透析の時間を楽しい物にする事が出来る様になれば、治療自体を苦に思う事もなくなるし、逆に楽しみになって行きますからね。そうした気持ちの持ちようと言うのはどんな病気になっても非常に重要な事だと言えます。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

現在、コメントフォームは閉鎖中です。